シンプルでしなやかに

そして逞しく生きる。シンプルな生活を目指すnobinobiponcoのブログ

熊本地震があって非常用の準備が足りないと痛感する

こんばんは、ポン子です。

 

熊本で地震があって、福岡も揺れました。

福岡は非難するというところまでは至っていませんが、

いざという時の準備ができていないことを痛感しました。

 

東北の震災を経て、備えがどれだけ大切か学んだつもりでしたが、

つもりでした。

 

震災や洪水、津波が来た時、もし家にいたとしたら

どこに避難したらいいのかもわかっていません。

先ず、避難先を知ろうと思いました。

 

非難するとしたら、最低限何を持って行くのか?

その非常用バッグも準備していませんでした。

 

非難しなくてもライフラインが止まったら?

その時の準備もしていませんでした。

 

まだ地震は起きるかもしれません、

物資を買い占めたりという被災された方の妨げになるような行動を

するのではなく、今できることを今のうちにしようと思いました。

 

1.非常持ち出しバックに入れようと思うもの

雨具、軍手、フェイスタオル、マスク、

懐中電灯、ナイフ、レスキューシート、

絆創膏、鎮痛剤、ウェットティッシュ、ナプキン、

ビニール袋(大、中、小)、下着、靴下

500ml水、カロリーメイト、非常用トイレ

 

2.備蓄しておこうと思うもの

2Lの水4本、乾パン、ろうそく、ライター

 

3.防災マップの確認を急ぐ

地域の防災マップを調べて、どんな災害の時にはどこに避難するのかを

頭に入れておこうと思いました。

今回の地震で揺れている際もただ茫然と揺れに驚いているだけでした。

 

先ずは、人に迷惑をかけずに避難できるように

自分ができることをきちんとしておこうと思います。

 

非常用トイレとレスキューシート、ろうそく、水

雨具(カッパ)、ウェットティッシュ、乾パンは地震がおさまったら

買おうと思います。