シンプルでしなやかに

そして逞しく生きる。シンプルな生活を目指すnobinobiponcoのブログ

洋服断捨離の際に読んだ本から学んだこと

 こんばんは、ポン子です。

 

洋服が沢山あったような気がするけど、

特にお気に入りの服はなく、特に実に自分に似合っているという服もないような。。

でも綺麗な状態だし捨てるのは忍びないし。

 

でも人と会う時に来ていきたいという服はないような?

なんだかな?

ということで洋服の整理については頭を悩ませました。

 

私がリッチウーマンだったらば、即座に骨格診断のプロの方に診断をしていただき、

挙句の果てにはセカンドオピニオン的に2か所くらいへ診断に伺いたいところでしたが、リッチウーマンではなかったので、いそいそ本を読みました。

 

読んだのは図書館で借りた

「あなただけの「似合う服」に出会うための骨格診断」です。

 

 

様々なWEBの該当サイトや当本にも記載がありましたが、

自己診断は合っているか分からないので診断してもらうのがいいとの事。

 

だがしかし、自己診断で突き進んでいます。

 

その結果、私はこの本で3種にわけられる骨格の「スタンダード」「ウェーブ」「ナチュラル」で分けると断然「ナチュラル」でした。

 

該当箇所にチェックを入れていく診断法をすると点数の結果がメッチャ「ナチュラル」なので自己診断ですが、きっと間違いないような気がしています。

 

断捨離の際に読んだ本から参考にした点

  • 可愛いお洋服だし、綺麗な状態だし捨てるの勿体ないな。でもなんか似合ってないし貧相に見える気がする。と思っていた服は、ナチュラルの人が着ると貧相に見える服。ということで、私の目がおかしい訳ではなく、どう頑張っても何か似合わない服であったという事が腑に落ちた。そして何だか納得してその似合わない服との別れを決められました。
  • 自分に似合う服を考えて購入した秋冬用のトップスとスカートはお気に入りとなり、何度着ても違和感を感じないものを購入することができた。

 

ちょっと学んだ点

  • 洋服についてはど素人で「何がいい」とかよく分かってないく、とりあえず皆こんなの着てるからとりあえず買っとけオフィスカジュアルを持っていましたが、似合っていませんでした。皆着てるから私もそれなりに着れるだろうというのは成立しない適当概念だと思い知りました。着せられてる感、強かったよね~。
  • 自分の体形や骨格とか変えられない部分を良く魅せるような服の選び方をして、自分を綺麗に見せてあげたい。と思いました。ちょっとオシャレしたいなっていう向上心が目覚めました。

 

最後に:

似合う似合わないは置いといて、オシャレするって心ウキウキする事でしたね!忘れてました。更にそれが似合っていればきっとウキウキ感も倍増ですわ。

街でウィンドウや鏡で見た自分が変てこな状態だったら「速攻家に帰らなきゃ!」って残念な気持ちになっちゃいます。

自分らしいそれなりに似合った服を着て精神衛生上ハッピーに暮らしていきたいです。

 

最後の最後に本に影響されて実践しているのは、ナチュラルの人はロングのゆるゆるパーマヘアーが似合うらしいという言葉を意識し髪をずんずん伸ばしています。

(今のところロングが似合うとは誰にも言われていません。短くしたら褒められたような記憶がある気がするのですが、伸ばしたことないのでこのままもうちょっと突き進んでみようと思います)